メタボリックシンドロームについて

  • 2018.08.17 Friday
  • 17:03

メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪がたまってしまい、肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などというような生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことをいいます。

病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっており、脳卒中、がん、心臓病、これらが日本人の三大死因になっています。

つまり動脈硬化こそが、この心臓病と脳卒中という病気に共通する循環器病の原因となっています。

メタボリックシンドロームを予防すると、そんな生活習慣病も予防することにつながるのです。

メタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上と発表されました。

それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。

しかし、その基準値は日本とWHO、またアメリカとでもそれぞれ違っています。遺伝や平均的な体格差があるのでしかたないですが。

糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は医療費の約30%を占めていることから、将来に強い不安を覚えた厚生省は、それを予防するために、生活習慣病患者といずれ生活習慣病にかかりそうな人を減らす目標を立ち上げました。

メタボリックシンドロームは、そういうわけで保健指導を行って予防しなければならないということになったのです。
 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM